https://mikoto-jewelry.com/

鶴こだわりの結婚指輪のテクスチャについて | 結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

wedding ring knowledge
ウェディングリング記事

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

鶴こだわりの結婚指輪のテクスチャについて2022.08.06

テクスチャを施した6本の結婚指輪

テクスチャとは

 
リングの表面に加工を施すことを「テクスチャ」や「つや消し」「マット加工」と呼んでいます。テクスチャにも種類があり、細やかな凹凸を施したり、光沢感を変えたり、彫りで模様を入れたりと様々です。
 
一般的には、鏡面仕上げという艶のあるものが結婚指輪に多くあしらわれていますが、このようなテクスチャを入れることで、リングの表情を変えることができます。
 
 

テクスチャの魅力

 
テクスチャーを取り入れることで、シンプルなデザインのリングでもぐっと印象が変わります。例えば、艶々に磨き上げる鏡面仕上げのリングは指にはめると光を反射し、指輪の存在感を感じさせてくれます。
 
それとは対照的に表面にマットの加工を施すと、光の反射を抑えることで肌馴染みがよく手に優しく馴染むため、身に着けやすくなります。普段リングをつけ慣れていない方でも、マットにすることで着けやすくなります。
 
また、1つに限らず複数のテクスチャを組み合わせることで、より深みや個性を出すこともできるため、おふたりらしいデザインにアレンジすることが可能です。
 
 

鶴のテクスチャのこだわり

 
鶴のテクスチャは全て職人が手作業で行っているため、同じものが2つとない世界でたった1つのリングを作ることができます。
 
錆鎚目のテクスチャを施した結婚指輪
例えば、梨地のマット加工に関しては、手作業でテクスチャをかける技法もあれば、機械で粒子を吹き付けて均等に表情を作る技法もあります。
 
2つの方法の中でも、あえて時間をかけて施す手作業を選ぶことで、柔らかい表情を生み出すことを大切にしています。
おふたりが末永く身につける大切なアイテムだからこそ、妥協せず1つ1つ丁寧にお仕立ていたします。
 
また鶴では、約40種類と、テクスチャを豊富にご用意しております。この豊富さには、お客様1人ひとりの好みにあわせて幅広い選択肢をご用意したいというブランドの想いが込められています。
 
豊富なテクスチャを揃えた結婚指輪のサンプルリング
おふたり好みの表面加工を見つけられるようにプランナーが精一杯お手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね。
 
 

布目タガネ

 
布目タガネのテクスチャを施した結婚指輪

真っ直ぐに力強く伸びる竹のような彫りの布目タガネ。刻まれた彫りは光を受けてきらりと輝き、竹林の中で浴びる柔らかな日差しを連想させてくれます。
線1本1本に揺らぎがあり、フォーマルになりすぎずカジュアルな印象。全体的に彫りを施したり、一部に入れてもアクセントとなるテクスチャです。
 
布目タガネの結婚指輪の詳細はこちら

 
 

鎚目(鏡面)

 
鎚目(鏡面)のテクスチャを施した結婚指輪

金槌でリングの表面を叩いて表情を作る鎚目。金槌の表面を艶々に磨いたもので叩くと、鏡面のような輝きのある仕上がりになります。
光を受けるとまるで水面が輝くように光を反射し、お手元をキラキラと輝かせてくれるため、指輪の存在感を感じられるテクスチャです。
 
鎚目(鏡面)の結婚指輪の詳細はこちら

 
 

鎚目(粗面)

 
鎚目(粗面)のテクスチャを施した結婚指輪

金槌でリングの表面を叩いて表情を作る鎚目。金槌の表面が粗くなっているもので叩くことで、マットのような落ち着きのある仕上がりに。
鏡面の鎚目に比べ、表面の凹凸が穏やかで手にやさしく馴染んでくれるため、クラフト感と共に温かみを感じられるテクスチャです。
 
鎚目(粗面)の結婚指輪の詳細はこちら

 
 

 
錆のテクスチャを施した結婚指輪

金槌の面をあえて錆させ、リングに押しつけることで模様をつける錆。表面の錆具合により、テクスチャの見え方や凹凸のつき方が変わるため、同じものが2つとない特別感溢れるデザインになります。
マット加工の中でも柔らかな印象で、まるで和紙を貼り付けたような「和」の印象も感じさせてくれるテクスチャです。
 
錆の結婚指輪の詳細はこちら

 
 

ミルグレイン

 
ミルグレインのテクスチャを施した結婚指輪

タガネという先端の細い工具で丸い粒の装飾を作るミルグレイン。ミルグレインはラテン語で「千の粒」という意味で、「千=たくさん」から「永遠」や「長寿」を連想させるため、縁起のいい装飾とされています。
鶴のミルグレインは粒の大きさもお選びいただくことができ、0.2mm~1.0mmまでご用意しておりますので、お好みのものをお選びいただける点も特徴です。
 
ミルグレインの結婚指輪の詳細はこちら

 
 

花火

 
花火のテクスチャを施した結婚指輪

力強さと繊細さの両方を感じられる花火の彫り。マットでも艶感を残した「ヘアライン」加工の上から力強く花火の彫りを入れており、2つのリングを重ね合わせると花火の模様があらわれます。
おふたりの門出を祝うような特別感溢れるテクスチャーで、光を受けると彫りの線がきらっと輝き、お手元を美しく見せてくれます。
 
花火の結婚指輪の詳細はこちら

 
 

 
藤のテクスチャを施した結婚指輪

職人が1つ1つ丁寧に、細やかな藤の彫りを施した和彫りのテクスチャ。
藤の花言葉は「決して離れない」。これからの人生を共に歩むおふたりを、藤の花できゅっとやさしくリングで包み込んだようなデザインです。
 
藤の結婚指輪の詳細はこちら

 
 

ライン彫り

 
ライン彫りのテクスチャを施した結婚指輪

繊細な線をぐるりと一周施したライン彫り。御守りとして用いられる梛(なぎ)の葉をイメージしたテクスチャで、梛の葉は千切ることのできない特徴を持つことから「ふたりの絆を固く結ぶ」という願いを込めておつくりしています。鏡面仕上げとは異なった、揺らぎのある輝き方をします。
 
ライン彫りの結婚指輪の詳細はこちら

 
 

梨地粗

 
梨地粗のテクスチャを施した結婚指輪

ガーネットの粒を水と一緒に流し当てることで表情をつける梨地粗。光沢感をしっかりと抑えており、マットの中でも深みのあるテクスチャです。
粗い粒で施すことで、雪の結晶のような小さな輝きを楽しむことができます。
 
梨地粗の結婚指輪の詳細はこちら

 
 

サテン細

 
サテン細のテクスチャを施した結婚指輪

工具で細やかな線を格子状に入れることで、絹のような柔らかな質感のサテン細。金属でありながらもやさしい風合いでつけていただけるため、手にスッと馴染んでくれます。
マット加工の中でも地金の煌きをほのかに感じられるため、まるで幻想的な夜の星のようにキラキラと輝いてくれるテクスチャです。
 
サテン細の結婚指輪の詳細はこちら

 
 
鶴のブランドについて
鶴のオーダーメイドについて
結婚指輪のデザイン一覧
 
 

一覧に戻る