fbpx

ソリテールの婚約指輪の由来 | オーダーメイドブランド 鶴 (mikoto)

story
お客様とのストーリー

来店予約来店予約 お問い合わせお問い合わせ

ソリテールの婚約指輪の由来

ソリテールの婚約指輪の由来

ソリテールの婚約指輪

婚約指輪の定番と言えば1粒のダイヤモンドをあしらったソリテールです。このソリテールの生みの親はあの有名なティファニーです。「ティファニーセッティング」と呼ばれ、1886年に考案されました。ダイヤモンドをシャンク(腕)の部分から離し爪で支えることによって、あらゆる方向から光が入り、ダイヤモンドの最高の輝きをはなってくれます。

それまでシャンク(腕)からダイヤモンドを持ち上げるという発想がなかったジュエリー業界において革新的でした。それから、「ティファニーセッティング」、通称、ソリテールは婚約指輪の定番として今でも世界中に定着しています。

オーダーメイドでは、ソリテールの婚約指輪のダイヤモンドの大きさやランクをご予算に合わせて選んでいただくことが可能です。ぜひお気軽にお越しいただければと思います。

オーダーメイドジュエリーブランドMIKOTO(ミコト)東京

two hearts ダイヤモンド

婚約指輪の代わりにダイヤモンドのネックレスを贈ろう

 

一覧に戻る